自分でできる更年期セルフケア

40代更年期の始まりは女性ホルモンの減少から起きる

 40代後半から始まる人が多い「閉経」、生理が終わることを指しますが、だいたい45歳から55歳くらいまでの10年間に
閉経を迎える人がほとんどのようです。
ちなみに日本人女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.5歳と言われています。

 

40代更年期 女性ホルモンの減少

昔からこの閉経の時期に女性は体や心に不調をきたしやすいとされてきました。
ちょうどこのころ、女性ホルモン・エストロゲンが減少し始めるため、女性ホルモンのバランスの崩れから、さまざまな更年期症状が出てきます。

 

「更年期症状」とは、日常生活に特に支障はないものの、何となく体の不調を感じたり、気分に波があったたり、という状態を指します。
「更年期障害」とは、日常生活を贈るのは難しいほど、体や心の不調が重く、こうなってくると医師にかかって治療をする必要があります。

 

更年期症状の主なものを大まかに挙げると、よく聞くのが顔や体が急に火照る「ホットフラッシュ」や発汗があります。
他にも頭痛や肩こり、めまい、息切れや動悸、不眠などがあります。

 

心の面の不調では、いらいらや気分の落ち込み、やる気が出ない、不安感にとらわれるなど、
私も含め「これって更年期?」と感じたことがある方は、思い当たるものがいくつかあるのではないでしょうか?

 

更年期は女性だけのものではなく、男性にもあります。
男性ホルモン・テストステロンの減少から、男性にも更年期障害が起きることが、最近知られるようになってきました。

 

更年期に不調が表れやすくなるのはなぜ?

 上記のとおり、更年期に心身の不調が出やすくなるのは、女性ホルモンの減少が元となっています。
女性ホルモンには2つあって、
・エストロゲン
・プロゲステロン
この2種類の女性ホルモンは、脳の視床下部から下垂体、卵巣にそって分泌されます。

 

エストロゲンの分泌は20〜30代にピークを迎えます。
ところが閉経が始まる更年期のころになると、卵巣の機能が次第に衰え始め、女性ホルモンの分泌が急に減ります。
閉経のころにはほとんど分泌されなくなります。

 

女性ホルモンの分泌をつかさどる脳の下垂体は、エストロゲンを無理に分泌しようと、
「卵胞刺激ホルモン」をたくさん出します。
この働きが自律神経中枢を刺激して、さまざまな不調を引き起こします。