40代からの自分でできる更年期対策

40代更年期・生理(月経)のトラブルを軽くするにはイソフラボンがおすすめ

 40代更年期が始まるころから、気になるのが生理・月経のトラブルです。
生理の周期が短くなったり、生理痛がひどくなったり、経血量が今までより少なくなったり、増えたり、
いつまでも生理がだらだら続いたり、と実に様々です。

 

40代更年期生理のトラブル

私の場合、生理の量が増えたかと思うと減ったり、生理前と始まってから体調がすぐれなかったり、
と自分でも「これって更年期の始まりかな?」と感じることが増えてきました。

 

40代に入ってから生理の周期が乱れ始め、生理不順が続くなーと思っていたら、
しばらく生理が来なくなって、気がつけば閉経…というのは、
更年期を迎えた女性誰にでも起こる自然な現象ではあります。
このことは特に病気でも何でもありませんので、心配はいらないようです。

 

生理の周期の乱れは、卵巣などの老化が原因で起こります。
卵巣の機能が低下したり、卵胞の数が減少するため、女性ホルモンの分泌量が少なくなり、
生理不順などの体の変調を感じ始めるのです。
ちなみに1年以上月経がない場合は、「閉経」と判断してよさそうです。

 

生理のトラブルは、私たち40代更年期を迎えようとしている世代にはありがちなこと、
とはいえども、やはりそうした不調が続くことはとても辛く、普段の生活に支障をきたすようでは困ってしまいます。
そこで、生理のトラブルに負けないよう、自分でできる対策をご紹介します。

 

腰を冷やさない

腰というか、骨盤周りは冷やさないように気をつけましょう。
腰周辺は、卵巣など女性の生殖機能が位置している大事な箇所です。
腹巻をしたり、お腹まで隠れるショーツを穿いたりしましょう。
おへそが出るようなパンツは厳禁ですよ〜
さらに温かい食べ物や飲み物を摂るようにして、体全体を冷やさないこともポイントです。

 

イソフラボンが効く

 女性ホルモンの1種「エストロゲン」に似た働きをするのが、イソフラボンです。
ご存知の通り、大豆製品に多く含まれています。
よって納豆や豆腐などを毎日食べるのもいいのですが、
実はあまり吸収がよくないというデメリットも。
更年期から来る生理不順が気になる場合は、イソフラボンのサプリを摂るようにするのも有効です。
大豆イソフラボンのイソラコン(20日間お試し)

 

血行促進

 血行が悪いと、体が冷えやすくなり、生理のトラブルなど不調が起きやすくなります。
お風呂で湯船につかるのが、一番の血行促進法です。
あとは、体をこまめに動かすようにしることも、血行促進につながります。