40代からの自分でできる更年期対策

40代更年期・ホットフラッシュにはプラセンタがおすすめ

 40代更年期といえば、「ホットフラッシュ」というくらい、悩んでいる女性が多いものです。
ホットフラッシュとは、のぼせやほてりなどの症状を合わせてこう呼んでいます。

 

40代更年期ホットフラッシュ

環境に関係なく、急にカーッと顔や体が熱くなったり、汗がたくさん出てきたり、
のぼせたようになったりした後、今度は急に寒くなって、体が冷えるといった感じで、
更年期の代表的な症状の一つと言えるかもしれません。

 

ホットフラッシュが起きる原因は、ズバリ女性ホルモンの1種「エストロゲン」減少による
自律神経の乱れです。
自律神経が乱れると、ホットフラッシュが起きるだけでなく、
めまいや動悸、便秘や下痢などの症状もあらわれてくることも。

 

ホットフラッシュが起きると慌ててしまいがちですが、無理に止めようとすると逆効果で、
止まらなくなってしまうこともあります。(私も一度焦ったことがありました…)
対症療法的になってしまいますが、ホットフラッシュが起きたら気にせず放っておくことが一番いいみたいです。

 

ホットフラッシュを予防する方法もあって、完全にとはいきませんが、ある程度は症状を和らげるのに役立ちます。

運動をする

 運動をして体を動かすと、血行がよくなり、自律神経のバランスが整いやすくなります。

 

腸内環境を整える

 ホットフラッシュが起きると、体内に熱がこもりやすくなります。
普段から便通を良くしておくと、ホットフラッシュが起きた時熱がこもりにくくなります。

 

プラセンタがおすすめ

 プラセンタは胎盤のエキスを抽出したもので、更年期の症状を軽くするのに役立つといわれています。
私を取り戻す1粒!更年期で悩む女性の強い味方 【CoCoRoプラセンタ】

 

自律神経が乱れると、精神的なストレスも感じやすくなります。
くよくよ悩んだり、緊張しやすくなったり、気持ちが落ち込んだりして、何事もネガティブに感じやすくなったり…

 

そうした時は、なるべくリラックス!しましょう。
好きなことをしたり、のんびりくつろいだり、おいしいものを食べたり、寝たりと、
何でもいいので、自分が楽になれることをしましょう。

 

自分なりのリラックス法でもまだ症状が軽くならない、という場合は、
カウンセラーや心療内科の医師などに相談することも一案です。