自分でできる更年期セルフケア

40代更年期・イライラや落ち込みの原因は女性ホルモンの減少

 40代のいわゆる更年期に差し掛かると、体力が低下するほか、心のパワーも徐々に減り始めます。
いらいらしたり、落ち込みやすくなる原因は、若いころとは違う心の変化が起きるからなのです。

 

40代更年期セルフケア

なぜ心の変化が起きるかというと、一口にいえば「女性ホルモンの減少」が挙げられます。
元々女性ホルモンは、心をポジティブにする作用を持っていて、感情をコントロールする働きがあります。

 

しかし40代前後の更年期に差し掛かると、女性ホルモンは徐々に減少し、心のバランスを乱すことがあります。
物事を前向きにとらえたり、気持ちを明るく持ったり、感情を抑えることなどが難しくなってくるのです。

 

更年期におすすめサプリ⇒心のサプリ

 

さらに女性ホルモンが減ると、神経伝達物質を働きを良くする作用が鈍るので、
心穏やかでいられなくなったり、楽しいワクワクするといった気分の高揚も少なくなっていきます。
更年期で、些細なことですぐに落ち込んだり、何をやっても楽しくないという時は、まさにこの状態にあります。
たとえば、更年期の心はこんな風に変化しています。

 

感情のコントロールがしにくい

 些細なことで怒りっぽくなったり、いらいらしたり、周囲の人に八つ当たりしたり、かと思えば、
急に涙もろくなったり、とても悲しくなったり、と感情の波が大きく、
自分で自分の感情を抑えることが難しくなることがあります。
そんな自分に自己嫌悪を抱き、ますます落ち込むことも…

 

 

ストレスに弱くなる

 日常生活では、私たちはいろいろなストレスにさらされています。
職場の人間関係、家庭問題、仕事に対する責任、近所付き合いなど、今までは何となくこなしていたことも、
更年期に入ると、そうしたストレスを大きく感じるようになりに、耐えきれなくなることも。
ひどく落ち込んで、自信を失ったように感じることが出てきます。

 

物の見方が狭くなる

 視野が狭くなる、長い目で物事をとらえられなくなる、というのも更年期の心の特徴です。
柔軟な考え方ができなくなり、あれもダメこれもダメ、と気持ちに余裕がなくなります。
時には追い詰められたように感じ、大したことでなくても悲観的に考えてしまうことも。

 

敏感になる

 更年期では、他人の言葉や態度に敏感になり、悪いようにとらえてしまうことがあります。
「悪口を言われているのでは?」「何か悪い事でもしたのでは?」と気になって仕方がなくなることも。
気になる始めると、軽く受け流すことができなくなります。

 

集中力・記憶力の低下

 更年期では、大事なことや新しいことがなかなか覚えられない、思い出せない、
家事や仕事の段取りが悪くなり、効率よく動けないなど、記憶力や集中力が低下し頭がさえない、と感じることがあります。
思考力や判断力も鈍り、注意散漫だと感じてしまうことも。

 

変化についていけない

 更年期では、新しい人間関係や環境などに、うまく適応できないと感じることが出てきます。
来客を嫌がる、収納や片づけがおっくう、など普段の生活でも小さな変化に対応できないと感じてしまうことも。

 

嫌な過去を思い出す

 何年も前の怒りがなかなか消えなかったり、嫌な出来事を思い出しては落ち込んだり、をたびたび繰り返すことがあります。
夜寝る前などに、そうした嫌なことを思い出すと、つらくなって余計眠れなくなる、という人も。

 

メンタルサプリでイライラ解消しませんか?↓↓