40代からの自分でできる更年期対策

40代イライラや落ち込みは考え方次第で改善できる

 なんでこんなにイライラしたり、落ち込んだりするのだろう?
40代でそろそろ更年期にさしかかる頃だと、女性ホルモンのバランスが崩れ、
イライラや気持ちの落ち込みが多くなってきます。

 

40代更年期イライラや落ち込みを改善する考え方

ただイライラや落ち込みの原因は、それだけではありません。
イライラしたり落ち込みやすい人は、ある考え方の癖があると知ってちょっとビックリしました。

 

それは「自分を否定してしまう」考え方にあります。
うまく行かないことがあると、「自分はだめな人間」「何をやってもダメ」「価値のない人間」
など、勝手に決めつけて考えてしまうことはないでしょうか?

 

自分はだめな人間、という考え方に、根拠は何もありません。
なのに自分をダメだ、と思い始めると、どんどん気持ちが不安定になってしまい、
ネガティブ志向に陥ってしまうのです…

 

よって、イライラしない・気持ちが落ち込まないためには、
自己否定の考えの癖を変えるのがおすすめです。

 

とはいっても、そう簡単に考え方の癖は変えられないものですよね。
くせを変えるには、まずイライラした時、なぜイライラするのか、何に対してイライラするのかを
冷静に見つめてみましょう。

 

 

たとえば、「子供が言うことを聞かないから」が原因とします。
一見子供に対してイライラしているように見えますが、
よく考えてみると、実は「子供を自分が言った通りにさせられない自分」に対して
否定的に考えている、ということに気づきます。

 

そのため「自分は子供を言った通りにさせられない、ダメな母親」
などと、根拠のない考え方に至っている姿が浮かび上がります。

 

子供は思い通りには動いてくれませんし、
また思い通りに動かせないからといって、ダメだと思う必要もありません。

 

でもどんな人間もいいところが必ずあり、価値のない人間であるはずはありません。
思い通りに事が運ばないから、自分自身を勝手に「ダメな人」と無意識に思ってしまい、
不安になり、イライラや落ち込みが生まれてくるのです。