40代更年期・ストレスからくる心の不調におすすめサプリ・リラクミンクリア

40代更年期・ストレスからくる心の不調におすすめサプリ・リラクミンクリア

 40代更年期は、ストレスから心の不調が始めることも多いようです。

40代更年期イライラ

若いころは何とか乗り切っていたことでも、40代を過ぎるころからだんだんおっくうになってきたり、とても重荷に感じたりして、
耐えきれなくなることもあります。
たとえば、こんなことからストレスを大きく感じるようになってきます。

 

更年期のイライラするストレス

子供との関係

 思春期の子供は親からの自立を無意識に模索する時期。
何かにつけ反抗的になるので、「こういう時期だから」と頭では分かっていても、ついつい感情的になってしまいがちです。
親の方も更年期による女性ホルモンの減少で、感情的になりやすいのですが、
一方思春期のこどもも、ホルモンバランスが安定しない時期なため、衝突しやすくなります。

 

仕事の重圧

 年齢的にそれなりの立場にある40代更年期の世代、
周囲からの期待に加え、自分でも「こうあるべき」「こうならなくちゃ」と身構えて考えることが多いのでは?
でも思うようにうまくいかなかったりすると、とたんに落ち込み、「自分はだめだ」と自信をなくしてしまいます。

 

介護を一手に抱え込む

 老親をきちんと面倒見なければ、と思い、ついついがんばりすぎてしまう人もいます。
「こんなに頑張っているのに、誰も認めてくれない」と思うと、自分ひとりで重圧を背負っているように感じ、周囲に腹が立ったり、
心身ともに自由が利かなくなった老親に対し、思うようにならないとつい怒鳴ったり邪険に扱ったりして、あとでひどく後悔することも。

 

夫との関係の悪化

 更年期は小さなことでもネガティブにとらえてしまうことがあるので、今までは気にならなかった夫の欠点がとても嫌に感じたり、
不満が膨らんでいったりと、悪い方向へ向かい、夫と不仲に陥ることがあります。
二人の間の空気が険悪になって、ケンカばかり…そんな毎日にイライラしてしまいます。

 

更年期の落ち込むストレス

子供と離れる

進学や就職などで子供が親元を離れていくときや、結婚して独立するときなど、ホッとする反面、
とても寂しく感じることがあります。
これは「空の巣症候群」とも呼ばれ、子育てという生きがいを失ったむなしさや不安感を感じて、気持ちが落ち込みがちになります。

 

夫が亭主関白

 夫が常に強く、妻が従うことが多いという場合、言いたいことがあってもなかなか言えない、
嫌なことも我慢してしまうことが続きます。
「何を言っても分かってもらえない」「こんなに尽くしているのに」とむなしさを感じるようになり、気持ちが落ち込みます。

 

仕事の失敗

 任せられ仕事を自分なりに頑張ってみたけれど、いい結果が出せなかったなどという場合、自己否定の気持ちが強くなることがあります。
また自分の仕事ぶりは正当に評価されていない、と感じたりすると、自信を失う気持ちにつながります。
「私は仕事ができないだめな人間」など、否定的に考えてしまいがちになり、気力さえもなくしてしまうことも、

 

40代更年期・ストレスからくる心の不調におすすめサプリはリラクミンクリア↓↓