40代からの自分でできる更年期対策

40代更年期の物忘れを防ぐ方法・基本はメモを取る

 更年期に差し掛かると出てくるのが、物忘れです。
私、ボケたんじゃないか?と思うくらい物忘れが多くなって、
買ったことを忘れ、同じものを2度買ったり、買い忘れたり、子供に頼まれたことを忘れたり、
と主婦の立場でも物忘れはしょっちゅうです。

 

家の中のことならまだ何とかなりそうなものですが、これが仕事となると
「更年期の物忘れで忘れていました」なんて、済まされるわけがありません。

 

40代更年期・物忘れ

締め切りのある仕事やスケジュール管理、書類の記載ミスなど、
うっかりということはだれでもあることですが、単純なミスだったり、
忘れてはいけないことが抜けていたり、となると、職場の人に迷惑をかけてしまいますし、
自分でも「どうしてこんな簡単なことができなかったんだろう…」
と落ち込んでしまいますよね。

 

更年期になると物忘れが増えてくるのは、女性ホルモンの急激な減少と関係しています。
女性ホルモン・エストロゲンは、脳全体の働きを活性化させる役目を持っています。
排卵前はエストロゲンが多く分泌されるので、記憶力も増し、語彙も豊富に出やすくなる、
何事にも意欲的に取り組める、など脳の働きはいい調子になります。

 

ところが更年期では、女性ホルモンが急減するため、物忘れなど脳の働きが鈍くなる現象が起きます。
物忘れを防止するには、基本的には「メモを取る」「手帳やスマホなどでスケジュール管理」などがおすすめです。

 

また体を動かしたり、ストレスをためないよう上手に解消することで、
脳内の神経伝達物質が分泌されやすくなり、物忘れ対策の一つとして役に立ちます。

 

物忘れ対策にはDHAのサプリ