40代からの自分でできる更年期対策

40代更年期・閉経後のしわやたるみに効く化粧品「小林製薬ヒフミド」

 更年期の症状が徐々に出始めるのは、早い人は30代から、
だいたい45歳くらい〜という人が多いようです。

 

更年期は閉経を間にして、前後5年ずつの約10年の期間を指します。
一般的に閉経は、50歳前後に迎えるとされ、ある調査では51歳で閉経したという人が多くなっています。
40代後半の、45〜49歳に閉経する人がついで多くなっていて、個人差があるようです。

 

閉経後の体の変化で気になるのが、しわやたるみが多くなるという点です。
私としては「老化現象が進むの?」とちょっと不安になりますが、
しわやたるみが増えるのは、女性ホルモンの分泌がなくなるからです。

 

女性ホルモンは、肌を若々しく保つ役目をしています。
コラーゲンを増やし肌にハリを与える、水分を保持するなど、美肌には欠かせない成分ですが、
女性ホルモンがなくなると、肌がしぼんでしわやたるみが目立つように…
同様に肌の保水力も低下し、乾燥が進行。潤いのない肌になりやすいです。

 

今までずっと使ってきたスキンケア化粧品が合わなくなってきた、と感じたら、
もしかして更年期またはプレ更年期の体の変化が原因の一つ、かもしれません。
より保湿力のある、40代〜50代の肌に合う化粧品に切り替えてみるのもおすすめです。

 

小林製薬ヒフミド 更年期しわやたるみ 

私のおすすめは、小林製薬のヒフミドです。
私たちの肌に元々存在する「セラミド」は、
50代になると20代と比べ、およそ半分程度になってしまうと言われています。

 

ヒフミドは加齢とともに減少する保水成分「ヒト型セラミド」を配合し、肌本来の潤いをサポートします。
水分を挟み込み、しわやたるみなどの肌トラブルを解消へ導きます。