40代からの自分でできる更年期対策

40代更年期・掃除を楽にする方法

 家事の中でも掃除って、結構重労働ではないでしょうか?
掃除機などのように、掃除用具には重いものもありますし、
部屋が散らかっていたり、トイレのように狭い場所の掃除は、やる前から億劫な気分になります。
掃除用具を出したりしまったりするのも手間ですし、汚れが気になり、いやいやながらも
ついつい掃除を始めてしまい、どっと疲れてしまったり…

 

40代更年期 掃除がいや

あるアンケートによると、主婦が嫌いな家事の第1位は、「トイレ掃除」とも言われています。
40代更年期では、「今日は掃除をしたくない」と思ったら、思い切って休むのもいいかもしれません。

 

20代30代の頃なら、多少疲れていても何とか掃除はこなせましたが、
40代になり50代も見え始めた今、やる気がない時はいっそのこと割り切って、
掃除はやーめた!と、その日はさぼるようになりました(笑)
その代わり、体の調子がいい日や気分が乗った時は、どんどん掃除することにしています。

 

40代更年期の時期でも、掃除を楽にする方法を考えてみました。

 

掃除用具はしまわない

掃除機を使ったら押し入れなど、所定の収納場所が各家庭にはあるかと思います。
思い立ったときすぐ掃除できるよう、掃除機など思い掃除用具は仕舞わないようになりました。
出しっぱなしにしておくだけで、気が楽〜になりますよ。

 

今日やる掃除場所を決める

私は曜日ごとに、掃除する場所ややり方を決めています。
水曜日はトイレ掃除、木曜日はシャークスチームモップで水拭きなど。
ただその日体調がよくなかったり、用事があってできないときは休んだり、
予定をチェンジしたり、臨機応変に対処します。

 

便利な道具に頼る

最近では、床掃除はクイックルワイパーやダスキンなどのモップかお掃除ロボット ルンバ
水拭きはシャークスチームモップ、など、道具を使うようになりました。
エコや節約を考えると、ほうきやぞうきんの方がいいのですが、
楽に家の中をきれいにしたいので、道具に頼ることにしました。

 

 

更年期で、無気力な状態が続く方におすすめです。⇒心のサプリ