自分でできる更年期セルフケア

40代更年期は老化防止のアンチエイジングな食べ物でセルフケアしよう

 40代更年期、セルフケアするならまず普段の食事をちょっと振り返ってみましょう。
当然のことですが、自分が食べるものから、自分自身は作られます。
更年期はホルモンバランスの乱れからくるもの、年齢を経れば誰でも通る道的な部分はありますが、
更年期の症状を悪化させないよう、また更年期まっただ中であっても、少しでもラクに気持ち良く過ごすために、
普段の食生活は大事にしましょう。

 

40代更年期 おすすめの食べ物

40代更年期はどんなものを積極的に食べると、セルフケアに役立つのでしょうか?
それはズバリ「アンチエイジング」の食材です。簡単に言うと、老化を防止するのに役立つ食べ物ですね。
女性ホルモンのバランスを支え、心身ともに弱まっている40代更年期は、「色の黒い食べ物」「ネバネバ食材」「海の食べ物」がおすすめです。

 

40代更年期・おすすめの食べ物

 色の黒い食べ物といえば、海苔や黒ゴマ、ひじき、黒豆、きくらげなどが挙げられます。
ネバネバ食材は、同年代の男性の精力活力アップにもおすすめなのですが、40代女性の更年期にも大いに食べたいものです。
たとえば、山芋やおくら、納豆、めかぶ、もずくなど、身近にある食べ物ですね。
海の食べ物は、上記の食べ物と少しダブる部分もありますが、海藻やエビ、カキ、アサリなどがおすすめです。
エビの赤い色には、抗酸化作用のある「アスタキサンチン」がたくさん含まれています。
カキは元気不足解消に役立つ「亜鉛」が豊富ですし、アサリには鉄分が多く含まれています。

 

また心の不調には特に、神経伝達物質をサポートする効果のあるたんぱく質を積極的に摂りましょう。
チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品や卵、豚もも肉、牛ヒレ肉、鶏ささみなどの赤みが多いお肉類、大豆製品
などもおすすめです。

 

冷えは体を冷やし、血流を悪くするので更年期の大敵です。
体を冷やさない飲み物といえば、ノンカフェインがおすすめです。
杜仲茶やローズヒップティー、黒豆茶などを選ぶとよいでしょう。
コーヒーは体を冷やしやすいので、飲んではいけないというわけではありませんが、やや控えめに摂るようにしましょう。
紅茶もカフェインを含むので同様に。